Capital Medica

2016.03.03

【NEWS】フィリピンの有力企業グループが当社関連施設を視察

フィリピンの有力企業グループ、Tao CorporationのJun Sy社長と他2名の幹部が来日し、
キャピタルメディカグループの関連施設を視察されました。
Taoは当社が資本業務提携している双日株式会社の取引先で、
ヘルスケア事業全般でのパートナーシップについて協議をしております。

キャピタルメディカの活動をより具体的に知ることを目的とし、豊和会病院およびあかね豊平、
豊和会新札幌病院、善衆会病院の4病院を視察、既存事業の再生支援から新棟建設まで
様々な場面における当社の提供機能について理解を深めてもらうことができました。
引き続き事業案件の具体化に向け協議を進めております。

フィリピンTAO視察

 

 

 

 

 

【Taoグループ概要】


■1995年設立
■関係会社30社、従業員約2,200名
■連結取扱高(2014年):PHP33Bil (約900億円)
■取り扱い分野:医療・健康分野(薬剤、医療機器・材料の輸入販売)、食品
 消費財、IT、ロジスティック、金融サービス
■創業者で現社長Jun Syの父親は大手の砂糖精製業者であったが、
 独立しモラセス事業に進出、その後その他事業も拡大させ現在に至っている。

Page Top