Capital Medica

2016.04.01

【NEWS】新しらおか病院、新中間病院の運営サポートを開始

キャピタルメディカは4/1(金)より、新しらおか病院(埼玉県白岡市)と
新中間病院(福岡県中間市)の運営サポートを開始致しました。

新しらおか病院は認知症専門の治療、訪問看護サービスを提供しており、
昨今高まりつつある認知症に対する地域住民の不安解消に貢献しています。

新中間病院は中間市、地元企業等が主導する厚労省の「ふるさと21健康長寿のまちづくり事業」
の一環として整備された「ウェルパークヒルズ(医療・介護・福祉連携によるコミュニティ)」
における中核医療機関であり、地域における高齢者医療の中心的役割を担っています。

キャピタルメディカは今後、両病院に対し経営ノウハウの提供や人材サポートをはじめ全面的にバックアップし、
持続可能な医療と健康社会の実現に向け、協働して参ります。

 

【新中間病院】新中間
所在地: 福岡県中間市通1-36-1
診療科: 内科 / 外科 / 整形外科 / 胃腸科 / 肛門科
     リハビリテーション科 / 人工透析内科
病床数: 145床(一般病床103床、療養病床42床)
ホームページ: http://www.shinnakama.or.jp

 

 

新しらおか
【新しらおか病院】
所在地: 埼玉県白岡市上野田1267-1
診療科: 内科 / 精神科 / 外科
病床数: 120床(認知症治療専門病床)
ホームページ: http://www.shin-shiraoka.jp/

 

プレスリリースはこちら

Page Top